キャリアカウンセラーを目指す乳がんサバイバーのブログ

会社員です。キャリアカウンセラーを夢見ながら、家庭菜園をしたり、のんびり暮らしています。もともとはバリキャリを気取って、仕事だけに打ち込んでいましたが、2018年の初めに乳がんの診断を受けました。病気のこと、仕事のこと、旅行のこと、夢のことを書き綴ります。

治療中のつぶやき④〜気持ち悪さ計がほしい〜

ホルモン療法がスタートしてから、日によって波があるものの、朝は特に気持ちが悪かったり、目眩がしたりと、不調が続いています。

今は、リュープリンが3ヶ月に1回になったのですが、特に注射直後の1週間が辛いです。

朝、会社に行き(会社に行けるなら、大丈夫なのかもしれません)、日によって周りの人が「今日、辛そうだね」と気付いてくれる日もありますが、あまり気を遣わせてもいけないので、なるべく元気にしていると、当然気付かれません。

仲良しの同僚に「体調どう?」と聞かれたとき、「まあまあ毎日辛いよ」と答えたんですよね。そしたら「無理してるんだと思うけど、元気に見えちゃう時あるから、辛い時は休まなきゃダメだよ。上司にも辛いって言わなきゃダメだよ〜」と言ってくれました。でも、なかなかそれが出来ません。

そもそも、どれぐらい辛かったら会社を休んでいいのか、分からないんですよね。

風邪の時であれば、37度5分あったら休もうとか、38度あったら早退しようとか、個人差はあるにしろ、ある程度の尺度があると思うんです。

 

f:id:maetama0107:20181115211355j:image

 

「熱が38度あるので休みます」って、言いやすいし、言われた方も分かりやすいと思います。

でも、「気持ち悪い」という不調は、主観的すぎて、それだと休んでいいのか、休んだらダメなのか、休んだ方がいいのか・・・。そして、休むことをどう思われるのか・・・。

それに加えて、休んで寝ていたところで、気持ち悪いのは治らない問題もありますよね。はあ、どうしたもんかと、悩ましいのです。

体温計ならぬ、気持ち悪さ計があれば、「気持ち悪さ85なんで、今日は休みます」っていえるのになぁ、なんてくだらないことを考えています。


2018年11月15日 たゆかのたわごと

治療中のモヤモヤ①〜そういうんじゃないんだよなぁ〜

ほんの少しですが、モヤモヤした事を書きます。

仕事にも復帰してしばらく経った6月、私の病気の事を知らない会社の同僚、そしてその同僚を通じて知り合ったAさんの3人で、食事をすることになりました。

もともとの共通の知り合いである、私の会社の同僚が、残業で遅れたので、しばらくはAさんと2人で、軽く飲みながら話をしていました。

f:id:maetama0107:20181113185626j:image

Aさんは既婚者、私は独身なのですが、話題は私の婚活的なものに。「最近、よい出会いはないのか?」「出会いの場には行っているのか?」と言われても、正直この半年はそれどころではなかったので、「最近、色々あったから、全然だね〜」と答えました。

もともと、少しおせっかいな人なのですが、「そんなんじゃダメだ」「ネット婚活とかやった方がいい」などと、お説教アドバイスが始まりました。

「う〜ん、今そういう気になれないんだよね」とか「仕事も楽しいしなぁ」と誤魔化していたのですが、しまいには「じゃあ、私の知り合いに、独身男子の友達が多い人がいるから、紹介する!今から呼ぶ!」と言い始めました。

かなり前半からイライラを抑えていたのですが、だんだん我慢出来なくなり「私、3月に手術したの。乳がんの。だから、そういう気に今はなれないんだよね」と言ってしまいました。

そのAさんには、自分の病気の事を打ち明ける気なんて、さらさら無かったのですが、それぐらい言わないと止まらないさそうだったので・・・。

Aさん「え!?大変!でも、手術したなら、もう大丈夫じゃん!前向きにならなきゃダメだよ」

・・・いや、大丈夫でもないし・・・

私「あ〜手術はしたけど、注射と薬で、再発予防の治療もしてるから。副作用もあるし」

Aさん「へ〜大変なんだね。どれぐらいやるの?」

私「5年ぐらいかな。その間は、生理も来ないしさ。なかなか難しいよね、婚活」

Aさん「私も!ピル飲んでるから、ホルモン抑えてて、生理の血が少ないよ!」

・・・いや、ピルとは違うんだけど・・・

私「へぇ、そうなんだ〜」

Aさん「おっぱい取ったの?」

私「うん。部分切除だけどね」

Aさん「じゃあ、左右違うんだ?」

私「うん。もともと左の方が大きくて、それなのに右を取ったから、だいぶ違っちゃってるんだよね。」

Aさん「そっか・・・」

これで、黙ってくれるだろう、そう思いました。が!そんなに甘くはありませんでした。

Aさん「毎日、マッサージしてる? ここだけの話、私は毎日マッサージして、DからFになったよ。脇からお肉、集めてくるの!」

もう、絶句でした・・・。

別に、過度に気を遣ってほしいわけではありませんが、手術で胸が小さくなった人に、巨乳体操教える!? もう、怒りとか呆れとかを通り越して、ちょっと笑ってしまいました(笑)

たぶん悪気はないんです。真っ直ぐなだけなんです。でもAさん、そういうんじゃないんだよなぁ。


2018年11月13日 たゆかのたわごと

ホルモン療法③〜これも副作用なのか?物忘れの悪化〜

もともと、物覚えが良かったわけではありませんが、最近ますます悪化してきました。

昔は、「ここまで出てるんだけど、思い出せない」ぐらいだったのですが、最近はスッポーンと記憶がないというか、真っ白なんです。

仕事でよくTO DOリストって作りますが、そんなの作らなくても覚えていられたのが、最近は本当に覚えていられません。

TO DOリストも、人の名前や会社名だけしか書いていなかったりすると、これ何だっけ?と、まったく思い出せない・・・。本当に困ります。

イメージで言うと、昔は「思い出せなかった」だけなのが、今は「記憶されない」という感じです。もしかして、集中力が落ちていて、それで記憶されないとか?

私生活なら「あっ、忘れちゃった〜」で、何とか逃げきれますが、仕事となるとそうはいきません。

なので、復職後の私の手帳は、本当に真っ黒。なんでもかんでもメモしてます。やるべき事だけではなく、やった事もメモするので、もはや日記状態です。

f:id:maetama0107:20181112205157j:image

なんでもかんでも薬のせいにしてはいけないと思いつつも、自分の中では、勝手に薬の副作用のせいにしています。違ったら逆に怖いなぁなんて思いながら、今日もメモメモしています。


2018年11月12日 たゆかのたわごと

治療中の癒し②〜飲み友達との呑み会〜

以前は、週3ペースで外飲みをしていましたが、最近はめっきり減りました。

今は実家に住んでいるので、母親が夕ご飯を作ってくれます。当然ですが「今日、一杯どう?」と、急遽飲みに行くことが無くなりました。作ってくれているので、いきなり「夕ご飯いらない」は、申し訳ないですし、やっぱり母親の作るご飯が、1番美味しいんです。

とは言え、もともとお酒は好きなので、たまには飲みに行ったりもします。今日は、私の病気のことも知っている大親友との呑み会でした。

f:id:maetama0107:20181110103405j:image

f:id:maetama0107:20181110103417j:image

3日ぐらい前から、楽しみすぎてワクワクが止まりませんでしたが、本当に楽しかった!

毎日飲んでいた頃と比べるとお酒が弱くなったとか、いや単純に歳のせいじゃないかとか、そんなくだらない話を、毎回のようにするのですが、毎回のように大笑いします。

お酒がいいとか悪いとか、いろんな説がありますが、楽しければいいんだ!なんて、勝手な事を思っています。


2018年11月9日 たゆかのたわごと

治療中のつぶやき③〜こんな状況から入れる保険があるんですか?

急に思い出したので、少し前の話を書きます。

まさか自分が、がんになるなんて思っていなかった私は、いわゆる「がん保険」には、入っていませんでした。自称バリキャリ女子(笑)だったので、老後のための保険には力を入れていたのですが・・・。

1つだけ、15年ほど前に入った医療保険が適応されたので、退院してすぐ保険金請求の手続きをしました。請求用の書類を送ってもらうための申請は、入院中にWEBからしていたので、とってもスムーズでした。

f:id:maetama0107:20181108184001j:image

ポストに書類を入れた日の翌日、自宅の電話が鳴ったので出てみると、その保険会社からでした。「え?もう?早くない?」とビックリ!です。

電話の相手は、いかにもな感じの若い男性。「もしかして、書類に不備でもあったかなぁ」と、思っていました。

すると意外な言葉が・・・。

「弊社の保険には加入いただいており、ありがとうございます。本日は、新しい商品のご紹介で、お電話しました。今、オススメなのは、がん保険特約です。契約内容を確認したところ、そういった特約のついていないタイプのものでしたので。女性特有の疾病に強い保険もありますが、ご興味ございますか?」

え!?え!?え!? 

一瞬、混乱しましたが、すぐに気がつきました。タイミングが良すぎただけで、単なる営業電話だなと。

一生懸命説明をしてくれるので、なかなか切り出せなかったのですが、早い方がいいと思ったので、勇気を出して伝えました。

「本音を言うとすごく興味あるし、入りたいのはやまやまなんですが、先週乳がんの手術をして、今まさに保険金の請求中なんですけど」

電話の相手は「えっ?・・・・・・」っと、完全にフリーズ。




仕方がないので、こちらから「入れないですよね、がん保険は」と助け舟を出すと、ようやく「はい。そういった方は、入れませんね」との返事がありました。

「そういった方」っていう表現もどうかと思いますが(笑)、彼の精一杯だったんだと思います。そして、こういうパターンのマニュアルもなかったんだろうなぁと。

今、この状況で入れる保険が出来たら、また電話して下さいね。


2018年11月8日 たゆかのたわごと

治療中の癒し①〜可愛い可愛い甥っ子〜

私には妹がいます。そして、その妹には息子が2人。私からすると、甥っ子ちゃんです。

この甥っ子が、とにかく私に懐いてくれています。まだ、下の子は小さいのですが、今年5歳になった上の子とは、2人で遊園地に行ったり、電車に乗ったりと、自分で言うのも変ですが、とっても仲良しです。

私の病気が分かった後も、保育園の生活発表会を観に行ったりして、癒しと元気をもらっていました。

そんな甥っ子に、私の病気のことをどう説明するか?を、妹と相談していたのですが、何でも保育園で話してしまうので、とりあえず病名は伏せることに。本人は、病名を聞いても分からないでしょうが、それを聞いた大人達は・・・です。

とは言え、昔のように抱っこやおんぶが出来なくなるので、何も伝えないわけにもいきません。

最終的には妹の判断で、「お腹をチョキチョキして、ばお(甥っ子は、私のことをばおと呼びます)は痛い痛いだから、叩いたり飛びついたりしてはダメ」と教えてくれていたみたいです。

f:id:maetama0107:20181107194943j:image

実際に甥っ子に会ったのは、術後1ヶ月半が経った頃でした。いつもは、会った瞬間に飛びついてくるのですが、なんだかよそよそしい・・・。

(そっか、飛びついちゃダメって言われてるんだった)

今思えば、子供なりに接し方を悩んでいたのかなぁ、なんて思います。可愛いですね。

一緒に公園にも行ったのですが、右手を繋いできたので、「右のお手ては痛いから、こっち(左)にしてね」と言うと、素直に手を変えてくれました。その後は手を繋ぐ度に、「こっちは右?左?」と聞いてくれたり。子供なのに、すごいなぁと感心しました。

とは言え、スゴロクやオセロでしばらく遊んでいると、遠慮もなくなってきたのか、こんな子供らしい言葉も。

「あ〜!ばおに乗っかりたいな〜!」

家族全員で大爆笑(笑)です。「乗っかりたい!」って、どういう感情なんでしょうか(笑) 私も気持ちとしては、「乗っからせてあげたい」ですけどね。

「また今度ね。治ったらね」と言うと、「今度っていつ?いつ治るの?」と質問責め(笑)「いつ治るか?」それを知りたいのはこっちの方なのですが、「夏ぐらいかなぁ」と、願望も込めて答えておきました。

可愛い甥っ子のためにも、頑張らないと〜と思いました。


2018年11月7日 たゆかのたわごと

ホルモン療法②〜これが副作用というやつか・・・〜

ホルモン療法をスタートしてすぐ、何とも言えない気持ち悪さというか、吐き気というか、目眩というか、とにかく不調が出てきました。

最初は「あれ?二日酔い?」と思って「いやいや、昨日飲んでないや」と思い直し、「もしかして副作用?」と気がつきました。

もともと、私はものすごく健康で、薬を飲むこと自体が、ほとんどありませんでした。なので、必然的に「副作用」というものに出くわす機会もなく、出くわしたとしても気がつかないか、副作用が出ないタイプだと自負していました。

そんなわけで、リュープリンやタモキシフェンの服用が決まった時も、あまり真剣に、副作用の欄を読まず、薬剤師さんの説明も、「ふーん」ぐらいに聞いていました・・・。ごめんなさい。

症状が出て3日目ぐらいまでは、何とかなっていたのですが、あまりに毎日体調が悪いので、もうとにかくイライラしていました。

f:id:maetama0107:20181106185631j:image

「何も悪い事をしていないのに、何故こんなに気持ちが悪いのか」という、もう本当にやり場のないイライラを抱えながらの生活でした。

職場で、私の涙目に気づいた人が、「大丈夫?」と声をかけてくれても、「大丈夫なわけないし!」と、心の中で悪態をつきました。

何の声もかけてこない人には、「なんで、こんなにツラそうなのに、気付かないわけ?」と、心の中で文句を言っていました。

日によっては、午前中だけで症状が治まることもあったり、夕方まで続いたりと、自分でも予測できないところに、またイライラ。

そして、イライラからの絶望感に襲われる日々が始まりました。あと何年、これが続くのか・・・。


2018年11月6日 たゆかのたわごと