キャリアを探し求めるキャリアカウンセラーの思うこと

ほんの少しだけ、皆さんのキャリアに関するお仕事をしています。自分の言葉や行動で、周りの人たちのキャリアや人生に影響を与える人になりたいと思っています。

頼られたいシンドローム

私のお隣の部署に、この4月から異動を
してきた、男性社員がいます。

総勢4名、平均年齢40代半ばという、
かなり小規模な支店から、フロア200人超
の本社、そして総勢15名で平均年齢20代の
ピチピチ部署へ。

その方が、30代半ばなので、会社としても
いわゆるリーダー、マネージャーとは
違う立場と目線での、指導や教育を期待
しているのかなぁといった感じです。

そして、本人もその気満々なんです。

別にそれは、悪いことじゃないんです。
ただ、完全に空回りしてるんですよね。
可哀想なぐらい。

例えば、こんなことがありました。

若手社員が遅くまで残業していたとき
「大丈夫?」「手伝おうか?」と声がけ。
若手社員は、「大丈夫です。もうすぐ
終わるんで」と答えました。

ここまでは、良かったんです。
問題は、そのあとの行動でした。

その男性社員を、Aさんとします。
Aさん、最初に若手に声をかけた時点で
パソコンも落として、帰り支度をして
たんですよね。

なのに、なかなか帰らない。どころか
携帯をいじり出しました。そして10分ほど
経過したところ、若手社員に向かって
「まだ?」の一言。

「えっ!?待ってたんですか?」と
私の心の声と、若手社員のリアルな声が
リンクしました。

何でも、「後輩残して帰るわけには
いかないでしょ?」とのこと。
何度断っても帰らないので、若手社員は
仕方なく仕事を終えて(たぶん、本当は
終わってない)、帰っていきました。

彼としてはサポートのつもりなんです。
若い子を1人にしちゃいけない。
一緒に帰って、悩みを相談できる場を
提供したい。

でも、まったくサポートになってない。
ありがた迷惑どころか、ただの迷惑。
兄貴肌の押し売りです。

この男性、他にもたくさんやらかして
しまってました。

「え~!?相談してよ!水くさいなぁ」
「言ってくれれば、良かったのに」
「もっと俺のこと、頼ってよ」

どれもこれも、相手に決定権があることを
こちらが強要しちゃってるんですよね。

相談するかしないかは、する方が決める。
言うか言わないかは、言う方が決める。
頼るか頼らないかは、頼る方が決める。

そして何より、まだまだ信頼関係がない
今の状態で、彼が色々投げかけても
なかなか響かない…。当たり前です。

f:id:maetama0107:20160618120441j:image

自分が何も投げてないのに、相手が
どんどん投げつけてきたら、良い気は
しませんよね。

投げる前に受ける、受け止めることが
大事なんだなぁと、改めて感じてます。


2016年6月17日  たゆかのたわごと