読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリアを探し求めるキャリアカウンセラーの思うこと

ほんの少しだけ、皆さんのキャリアに関するお仕事をしています。自分の言葉や行動で、周りの人たちのキャリアや人生に影響を与える人になりたいと思っています。

「頑張る」ことと「無理する」こと

「頑張る」と「無理する」

この2つって似てるけど、全然違うなぁ
って、最近考えるようになりました。
「頑張りすぎる=無理する」ってのも
なんか違うような気がします。

どちらも、何かに全力で取り組む感じは
ありますが、「頑張る」は、なんとなく
ポジティブ、「無理する」はネガティブ。

f:id:maetama0107:20160605085537j:image

「頑張る」って、それによって、何かを
得るとかエネルギーが貯まっていく感じが
しますが、「無理する」って、それに
よって疲弊していくイメージ。

落ち着いて考えれば、違いは分かります。
でも、自分が「無理してる」ときって、
「頑張ってる」のか、「無理してる」のか
区別つかなくなっちゃうんですよね。

私もよくありました。いや、今でも
あるかもしれません。

そして、周りの人からの言葉で、
気づかされます。

自分では、「頑張ってる」つもりなのに、
周りからは、「頑張ってるね」ではなく
「無理しないで」って、言われちゃう。

背中を押すのではなく、ストップをかけ
られる感覚があるので、ちょっと不本意。

不本意だから、ストップしない。
いや、できないんです。頑張ってるつもり
になってるから。

頑張り続けることは、難しいのに
無理し続けることは、意外と平気で
やってしまう…。そんなことないですか?

「いやいや、自分の勝手だから」
「別に、周りに迷惑かけてないし」

少し前の私の心の声が、聞こえます(笑)

でもね、迷惑かけてるんですよね。
迷惑かけてたんですよね、私。

考えてみてください。

全力で走ってる人の、背中をちょっと
押してあげること、追い風になってあげる
ことって、そんなにパワー使いません。

でも、全力で走ってる人を、立ち止まら
せるのって、すっごいパワー使います。
「止まって!」って叫んでも止まらない、
もう、羽交い締めにするしかない(笑)

そんなパワーを、「無理する自分」は
周りに使わせているんです。
「無理しないで」のたった一言で。

って考えると、「自分の勝手」でもなく
「迷惑かけてない」ことはないんです。

無理しちゃう人って、責任感が強くて
周りのことを優先しがち。だから、限界を
超えても、無理し続けてしまう。

でも、周りのことを優先する、大事にする
その気持ちがあれば、周りの人に余計な
パワーを使わせないために、無理しない
ことも出来るはずです。

頑張る人は、周りにもプラスの影響を
与えますが、無理する人は周りにも
無理をさせがち。

って考えると、「無理をしない」って
自分にも周りにも、とっても優しいこと
だと思います。

2016年6月4日 たゆかのたわごと